職場のからだとこころの健康をまもる
予防と健康経営のためのストレスチェック

PC

sp

集団分析

Analysis

集団分析レポートの特徴

STRESCOPE(ストレスコープ)では、2種類の集団分析サービスをご用意しています。STRESCOPE BASICは仕事の要因だけを分析し、職務上の事項のうち、本当にストレスになっている ものは何か明らかにします。STRESCOPE ADVANCEでは、仕事以外の要因も含めた分析が可能です。

集団分析サービスイメージ図

強み1

全国平均値と比較した結果が一目瞭然

STRESCOPEの集団分析レポートでは、貴社のストレスチェック結果が全国平均値(厚生労働省公表データ)と比較してどのような状態であるか、分かりやすく解説しています。

集団分析イメージ画像1


強み2

仕事による不調の原因割合がわかる

「仕事」という大きなくくりだけでなく、「仕事の量的負担」「質的負担」「身体的負担」「対人的ストレス」「物理的な職場環境」など、個別項目毎にストレス反応の原因割合を明らかにします。STRESCOPEならでは、「職場での人間関係」のほかに、「家族・友人など、職場外の人間関係」がストレス反応にどの程度影響を与えているかもわかります。

集団分析イメージ画像2

STRESCOPE ADVANCE(推奨オプション)なら・・

仕事以外の要因による不調の原因割合も

「食事」や「お酒を飲む頻度」、「睡眠」、「運動習慣」などの生活習慣や、その他の個人要因も含めて、ストレス反応の原因割合をお伝えします。落ちこみなどをきたす原因は、仕事だけに限りません。生活習慣なども含めて、集計した結果を分析することによって初めて、ストレス反応の原因割合を明らかにすることができます。

集団分析イメージ画像3


強み3

最も改善効果の高い項目を提示

仕事や職場環境において、どの部分に注力してストレス改善を目指すべきか、優先順位をつけてご説明いたします。

ストレスチェックイメージ画像3

STRESCOPE ADVANCE(推奨オプション)なら・・

生活習慣・睡眠・個人要因も含めて
最も改善効果の高い項目を提示

実は、睡眠や生活習慣は仕事以上にストレス反応に対して影響を与えています。職場の改善策だけでなく、従業員本人もストレス対策を行うのが効果的です。「従業員の心身の不調の本当の原因が何なのか」を探り、本気でストレス対策したい事業者様にこそ、おすすめのサービスです。

ストレスチェックイメージ画像3

STRESCOPE(ストレスコープ)の分析クオリティ

医療統計として医学的に広く使われている分析手法を用いることによって、現状分析だけでなく「(うつ病などの発症リスクの)予測」や、ストレス原因をつきとめることが可能になります。

ストレス要因イメージ図

単なる集計や、相関分析ではよくないのはなぜ?

単なる集計では判断できないケース

正解アイコン

点数の高低とストレス反応の関係は分析しないとわからない

・「悪い点数」は目立ってしまうけれど、それが本当に従業員の心身の健康に影響を与えているものかどうかは、ちゃんと分析してみないと分かりません。
・一般的に行われている、厚生労働省の書式に基づいた「集団分析」は、点数を集計しているだけです。会社における誤った意思決定を誘導してしまう可能性が高く、危険です。

正解アイコン

「学年」という変数も加味すると無関係になる

・体重が大きいほどたくさん漢字を知っているのはたしかなのですが、太らせても別に成績は上がりません
・「体重と成績には確かに相関があるが、学年という変数も加味すると、それは無関係になる」ということを明らかにするには、高度な統計が必要です。多変量の回帰分析や共分散構造分析を行う必要がありますので、ただの相関分析では判断できません。
・これをしないと、誤った経営判断に至ってしまいます

ページトップに戻る